FC2ブログ

Sign

一人歩きならばともかく、今回はかみさんと二人
まずった選択だったかな?観光ルートを外したこと・・
って思いましたが
そんな危惧は必要ありませんでした
落書きだって「バンクシー」の芸術的価値もあるし・・ね


マルセイユ旧市街地

標識

ダウンタウンというものは
どこの都市でも古く、伝統的です
平たく言えば「汚い」「治安が悪い」ということもある。
当然ですが、現代においては「改善」の努力の方向にある
現実、夜8時に予約したレストランで食事をしてホテルに戻ったのが夜の11時
レストランでタクシーを呼ぶという話もあったが、夫婦二人で「地下鉄」の移動・・
何のトラブルもなかった
それにしても日本は「清潔で」「安全で」「優しい」国だ


マルセイユ旧市街地にて

路地

今回の旅はかみさんと二人旅でした・・
その二人はこの地ではまったくのフランス音痴です
いわゆる「お上りさん」状態でした・・
初めて歩いたフランスの地は「マルセイユ」でした。(空港を除く)
何かが違う・・当然ですが旅の写真とかありとあらゆる情報でフランス景は知っているが
実際に「歩く」と感じるもの・・・「電信柱」がない!
景観ということが一番なんだろうけど、日本のように地震、台風のときにスクラップアンドビルドの繰り返しではない
そんな歴史の中
地方の自治とかいろいろ諸事情はあるとは思うが、フランスだけではなくヨーロッパ全体に
その景色に「哲学」を感じる・・・・


マルセイユ旧市街地

gare

百聞は一見に如かず、
いくら、ネット社会でモニタリングやバーチャル・リアリティが発達していても
冒頭の通り「現実」を体験することは「百聞は一見に如かず」である。
「迷った」ら、人に聞く・・、逆に「どっから来たの?」と聞かれる
対話する
これ大事です・・・


マルセイユサンシャルル駅にて

ゲート

「所変われば品変わる」ってわけで
駅の改札風景も日本と異なります
地下鉄も同じですがゲート入るときはカードやチケットのセンサー必要ですが出るときはフリー
地下鉄のような市街地エリア限定なら料金も定額なのでわかるけどTGVなどの長距離の場合どうなんだろう
実際、TGVの乗車したときこのゲートにeチケットを当てただけで後はまったく検札ありませんでした。


サンシャルル駅にて

ヤング

自分は観光であれ、仕事であれ、留学であれ若いうちに異文化交流をオススメする
「所変われば品変わる」「郷にいれば郷に従え」という言葉がありますが
海外に出れば自分が「外国人」になります
自分の目で「異文化を感じる」ことは見聞を広めることとして大事です
一昔前に「外国かぶれ」という言葉がありました。
グローバルな時代今じゃそんなこと言う人もいないけど
「当たり前にことが当たり前ではない現実」が目の前にある
それを体験するのも旅の醍醐味
むろん、添乗員のついた団体旅行ではそんな体験できません
すべて自分たちで「フリー」に動く・・・それもオススメです


マルセイユ、サンシャルル駅から市街地を望む
プロフィール

susanmini

Author:susanmini
ブログへようこそ!
2015新しく移転して心機一転!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR