FC2ブログ

ハスに構えたハスの花

梅雨明けを聞いた途端
一斉にセミが鳴き始めた
どこから情報を得るのだろうか?不思議だ

台東区上野にて

日傘

梅雨が明けたという実感は・・ない
6月からず〜〜と蒸し蒸し感があるから
蝉に声もまだ聞いていない
体感では 年々暑さが増している


文京区にて

炎天の下で(2017’夏)

酷暑です
ず〜〜っと雨が降っていなかったと思ったらいきなりの土砂降り
今年の梅雨はあんまり経験のない「梅雨」の形です
外でお仕事をしている人は苦難の連続ですね

夏参拝(2017’夏)

まだ、蝉の声を聞いていない
こんなに暑いのに・・


文京区にて

凉池(2017’夏)

世間は、暑すぎます
おかしくなっても不思議はない
パソコンも、スマホも熱を持つ・・
人の頭も熱を持つ・・冷やしましょう・・


台東区上野にて

とまれ(2017’夏)

写真的リアリズムを考えた時
写真は人間の眼より優れた短い時間を捉えられる
「一瞬の時間を止める」こと
記憶であれ、記録であれ再表現できること・・


大田区にて

お盆景(2017’夏)

お盆です・・
お盆休みというと「旧盆」の八月が多いのですが
十分、暑いので「休み」ましょう・・・
「暑くってやってられないや・・・」という・・・もう一人の自分がいつもそばにいます(多分・・自分の背後霊じゃないかな・・w)
6センスといえば自分の周りにも複数人そのセンスの持ち主がおります
カミさんの友人にもおりましてよく話を聞きます
曰く・・・レイさんは夜の暗いところだけではありません、昼間の表参道のような人が多いところもいらしゃるとのことです・・
先日も雨がシトシト降る夕方・・我がマンションの階下の廊下で見かけた・・
その話をカミさんにしたら・・単なる徘徊ご老人だった・・w




Candid

写真のリアリズムを語るにおいて
Candid Photoを外すわけにはいかない

1930年代初頭には木村伊兵衛氏,堀野正雄氏,渡辺義雄氏といった当時の若手の写真家が,当時の小型カメラを駆使して行われた撮影方法でもある・・・
とりわけ木村氏はライカを用いた「相手に気づかれないで写真を撮る、スナップ写真の名手」として古いカメラマンには広く知られている(今は、知っている人の方が少ないけど・・w)

チュウリン(2017’夏)

蒸し暑さが異常です
雨の降り方も異常です
去年の暑さも異常だなと感じましたが今年はその上を行きます
人類が真剣に問題にしなければいけないのは「異常気象対策」だよね・・・


大田区にて

はっト(2017’夏)

来年には年号がまた変わるかもしれない
昭和の時代に生まれた自分は二つの時代の流れを感じるわけですね
要するに昭和の時代の「明治生まれ」扱いになるわけです
うちのじっちゃんは「昭和生まれの頑固もんだから」と言われるのか・・・?
何れにしても「昭和」も30年近くも昔の話
古き良き時代だったのか悪しき時代だったのか?
でも今の時代よりも「融通」が効き・・道徳心もあり・・羞恥心も感じた時代であったことは確かです

大田区にて
プロフィール

susanmini

Author:susanmini
ブログへようこそ!
2015新しく移転して心機一転!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR