FC2ブログ

System

当然ですが国によって行政の「考え方」も違う
「街づくり」から始まって「管理」まで全く違う
「旅」とはその様なことに「気づく」ことなんですね
例えば、このキックボード・・
レンタル電動キックボードで快速で街中を皆さんノーヘルで飛ばしている・・
乗り捨ても「自由」らしい。乗るときはスマホを利用しての方法・・
日本でも導入を検討していると「日経」に掲載していた・・
自由の国フランスでのびのび走っている姿は
日本流になるときっと窮屈な走りになるのだろうと予想する


Marseilleにて

蕎麦飯

マルセイユに朝到着して初めての昼の食事が「ガレット」
かみさんが「ガレット食べたい」と言い出したから
ガレットといえばブルターニュの名物
大阪で戸隠蕎麦を食べたいというのと同じである
今の時代とても便利なことは「ググる」ことが出来る
「Google検索」「食べログ」で「マルセイユ、ガレット」と打ち込めば適当な店が検索できる
今回の旅はipadとレンタルWi-Fiは必需品となった


ラ・ボンヌ・メール

正式には「ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂」という
地元の人は「ラ・ボンヌ・メール」という
旧港から見える丘の上のその姿はまさにランドマーク
マルセイユに到着して初めての昼食中、お店のスタッフさんに店先から見える丘の上、
「あそこまで行くにはどう行ったらいい?」
と聞いたら「バスが旧港付近から出ている」というので昼食を済ませてから旧港散策後、バス停を探して丘の上に到着。
タクシーという手もあったが地元の人と触れ合うのが「旅」。ローカルバスや地下鉄は旅人にとってのラビエンス・・
「ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂」はマルセイユのシンボル・・ここに来て良かったと思った


R0000228-1.jpg

展望

マルセイユのランドマーク的なノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院からの眺めは「展望」というより「天望」でした
この日は晴れて最高でした。マルセイユに来て良かったと思う日でした


Marseilleノートルダム・ド・ガルド寺院にて

Metro

マルセイユもパリも地下鉄の乗り降りは「手動」です
(但し、パリの一部観光路線の車両は全自動だった)
当然ですが混んでいても自己責任
現にラッシュアワー時に乗車したが降りる時は緊張した


プロフィール

susanmini

Author:susanmini
ブログへようこそ!
2015新しく移転して心機一転!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR